仕分けや検品の仕事

ルールに従って材料や製品を仕分ける

一つの工場において一つの材料から一種類の製品のみを作っているケースが少ないかもしれません。大会社の大きな工場になればたくさんの種類の材料を使ってたくさんの種類の製品を作ります。そこで必要になってくるのが仕分けの作業で、工場の求人でも見かけるかもしれません。配属されると仕分けるためのルールを教えてもらえるので、後はそれに従って作業をするだけになります。材料の仕分けでは、トラックなどから運ばれてきた大量の材料を種類に応じて分類をして必要なところに持って行きます。沢山あるときは台車などを使えるので力が無くてもできるでしょう。できた製品の仕分けも配送先などに応じて分ければよく、あまり頭を使わずにできる仕事と言えます。

材料の数や不良品を調べる仕事

工場では材料を他社から仕入れてそれを製造工程に投入して物を製造していきます。トラックなどで運ばれた材料は一旦倉庫などに下ろされて製造ラインに持って行きますが、その時に一定の作業を行います。倉庫に下ろされた後に検品作業があり、専門の担当者が作業をして問題が無いのを確認する作業です。工場求人において検品作業とあると何をするのか心配になるかも知れませんが、注文した材料が問題なく届いているかをチェックする作業がメインになるでしょう。注文した量がきちんと入っているか、注文した材料に不具合がないかなどを方法に従って調べ、問題が無ければその部署の管理者等に伝えます。数え方や不具合の調べ方などを覚えれば簡単にできる仕事です。

車などの工場の求人には寮費無料や食費補助など有難い内容の求人がとても多く浮いたお金を貯蓄に回すことができます。